ゴルフ場データ

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ

毎年4月上旬に開かれるマスターズ・トーナメントの開催コースとして名高い。1934年、ボビー・ジョーンズとゴルフコース設計家アリスター・マッケンジーとの設計によってオープンした。

コースのメンバーは世界中に約300名いるが、当然会員希望者は多く、会員になるためには数十年程度待たなければならないと言われているほど難しい。プライベート・コースのため、コース会員の同伴か、マスターズの運営ボランティア等でないと一般人はプレーできなく、一般人がプレーするのも大変に難しい。

千葉県でハウスウェディングをお考えならエルシオン
千葉県でハウスウェディングをお考えなら木更津市のシーサイドに建つ結婚式場エルシオンへ。光降り注ぐクリスタルチャペルでの挙式や伝統ある神社での本格的な神前挙式など、様々なニーズにお応えする充実のサポートでおふたりの理想のウエディングを叶えます。

歴史

1934年の第1回マスターズでは、ホートン・スミス(1908年-1963年)が初代優勝者となった。それ以来、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブは「ゴルフの祭典」マスターズの開催地として知られている。他の3つのゴルフメジャー大会が毎年会場を変えて行われるのに対し、マスターズだけは毎年同じオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで行われるため、他のメジャー大会とは異なる趣を持っている。

東京新宿中落合でコインパーキング・駐車場運営・経営ならアークセルパーキング
東京で駐車場経営をお考えならまずはアークセルパーキングにご相談を。土地オーナー様の声やコインパーキングの導入事例をご覧下さい。

コース

大会が歴史を重ねるにつれて何度かの大規模なコース改造も行われてきた。長年ラフの存在しないコースだったが1998年にファーストカットが設けられた。また2002年にはトム・ファジオの監修のもとで大々的なコース改造が行われ、コース全長が約300ヤード伸ばされた。その後さらに距離は伸ばされて現在は全長7,445ヤード、パー72のコースになっている。 一部のファンの間では「全長を8000ヤード台にしたほうが良い」との意見もあるが一方で「長くなったことでコースの美しさが損なわれた」「昔はパー5のイーグルで大拍手が起きたが現在はバーディーでまばらな拍手。エキサイティングさが薄れた」といった批判も根強い。マスターズコミッティーは「これ以上大幅に長くする必要が生じた場合は『マスターズボール』を導入する」と示唆している。