マスターズでよくきく言葉やトリビア

アーメン コーナー (Amen Corner)

英語ではエィメンと発音するのが正しい。ゴルフのメジャー・トーナメントの一つであるマスターズの行われるオーガスタ・ナショナル (Augusta National Golf Club) の 11, 12, 13番の 3 ホールを言う。風を読むのが難しく、ゲームの行方の鍵を握るコーナー (場所) という意味のニックネームとしてスポーツ・イラストレイテッド誌の記者 ハーバート・ウィンドによって 1958年、アーノルド・パーマーが優勝した年に命名された。1978年のマスターズでは中島常幸が13番ロングホールで13打も叩いてしまったことで日本でも有名になった。なお13打という数字は、13番ホールでは現在も最多記録であり、マスターズ全体でも1980年に12番ホールで13打を叩いたトム・ワイスコフ(1973年全英オープン優勝者)と並び最多タイ記録である。

アイクス・ツリー

かつて故アイゼンハワー大統領がプレイされた時に、しばしばせり出した木にボールを当ててしまい、“アイクの木”のニックネームが付けられた。

名古屋駅でホテルウエディングなら
名古屋駅でホテルウェディングをお探しならキャッスルプラザ。初めての来館から当日のご披露宴、2次会まで専属プランナーがしっかりサポート。伝統的なホテルだからこその安心とお二人の夢や希望を実現する新しいご提案を一緒に考えて参ります。まずはご相談下さい。

ガラスのグリーン

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブはとりわけグリーンの難度が高いことで有名で、”ガラスのグリーン”、“オーガスタのグリーンには魔女が棲(す)む”とよく言われる。グリーンは小さな傾斜と大きな傾斜が重なりあっており、しかも速くてなかなか止まらないので、パッティングセンスが問われるものでもある。雨が降ると湿り風が吹き、10番のカメリアでは湿り風に捕まるとミスをすると言われている。また雨はグリーンを更に速くしてしまい、これもスコアを落とす原因ともなっている。マスターズに挑戦するゴルファーの中には、コンクリートで舗装された駐車場でパット練習をする者がいる程である。